• 平安祭典静岡(駿河区・葵区)

    050-5225-4102

  • 平安祭典清水(清水区)

    050-5225-4103

コラム

2020.06.27(土)

  • 葬儀

葬儀の際、お香典の相場は?

お香典をいくら包めば良いのか
悩む方が多いようです。

本来、お香典は故人にたむける線香や花など
お供え物の代わりで捧げるものですから
この金額でなければいけない
という決まりはありません。
基本的には気にすることはないと思いますが
最低限のマナーは心得ておきたいものです。

 

あくまでも目安ですが、縁がごく薄い方
言わば『義理』ということであれば
3,000円が多いようですが、
ごく普通のお付き合いをされている場合は
5,000円が妥当な金額ではないでしょうか。

 

後はお付き合いの度合いで
判断されている方が多いようです。
例えば夫の同僚ということだけなら
5,000円ですが、家族ぐるみで親しい
お付き合いをしていれば1万円や2万円
いった具合になります。

最近は精進落とし直会といった
食事の席は、親戚単位で行う
事が多いと思いますが、
そちらへの出席をされる方は、
やはり2万円や3万円くらいを
ご用意される方が多いようです。

 

金額は結婚式などと同じように、
できるだけ避けた方が良い数字があります。
「4」や「9」の入った金額は、
「死ぬ」「苦しむ」といった言葉を
連想させるためできるだけ避けましょう。
偶数も避けられる傾向がありますが
例外として2万円は認められているようです。

 

新札を包むのは良くないとされています。
これは新札が手に入りにくかった時代に
新札を事前に用意しているのは
「亡くなることを予想していたようで失礼」
とみられたからです。

 

現代は新札が簡単に手に入り、香典に新札を
入れることも多くなっていますが
気にする方もいるため、新札は一度
折ってから香典袋に入れるのが無難です。

 

ただし、あまり汚れたお札を入れるのは
失礼にあたるため気をつけましょう。

 

やはり、地域性やその土地の風習など
様々な違いがありますので、あくまで
一般的な考え方となります。

ただ大切なのは、その故人様やご遺族を
想う気持ちが一番であることは、
どこに行っても同じだと思います。

ご葬儀コラム一覧に戻る

イベント情報