• 平安祭典静岡(駿河区・葵区)

    050-5225-4102

  • 平安祭典清水(清水区)

    050-5225-4103

コラム

2020.12.27(日)

  • 終活
  • 葬儀

コロナ禍での通夜・葬儀形式の変化

現在、日常は大きな変化を起こしました。

新型コロナウィルスによる影響は、

計り知れません。

私たち葬儀業界においても、どのように

対策を取り、お客様への安心・安全を

提供できるかが課題となりました。

 

葬儀は様々な人生の節目においても、

かなり重要度の高いものと考えます。

そのような節目に実際に立ち会うことに

大きな意味を成していると感じています。

なので【不要不急】ということに

当てはまらないものになっていると

思います。

 

当然、お別れをしたいと思う方がいれば、

それを止めることは本来したくないですし、

でき得れば来てもらいたいと思うのが、

自然ではないでしょうか。

そうした想いがある中で、この感染リスクとの

天秤が生じてしまっています。

なるべく現地へ足を運んでいただけるよう、

当社では、以下の状況を作っています。

 

予定会葬者数より、大きめの会場を使用

席の間隔を設け、座席数を約半分とする

手指の消毒、入り口での検温を行う

一般弔問いただくタイミングを通夜に限定

通夜での宗教儀礼はご遺族、ご親族とし

 時間差を設け一般弔問者は着座をせず、

 焼香などのお別れのみとし、流動的な形式と

 する。(一般弔問者の宗教儀礼は無しとする。)

葬儀は基本近親者とし、許容範囲内で行う

食事の席は、基本1m80cmの円卓を使用し、

 4名までの着席として、通常の半数で制限する。

食事内容は*半会席*として、半分はお持ち帰り

 とし、時間短縮を図る

どうしても、その場での食事に抵抗がある方は、

 パック料理でのお持ち帰りでご対応

持ち帰りの荷物を増やしたくない方は、

 食事替わり*食品専用カタログギフト*

 もてなしも可能とする

 

 

結果的には場面において人数制限がでてしまうのは、

やむを得ない部分もありますが、あとは来ていただく

皆様の自己判断となってしまうのも確かです。

しかし、お互いの意識が高い中で、きちんと感染予防が

なされれば、何とかこの局面は乗り越えられると

信じたいです。

 

現在、静岡県における葬儀式場での感染は私の知る限り

発生していないと思います。

故人様、ご遺族様にとっても大切な場となる

ご葬儀ですので、来れる方には来てもらえるよう、

配慮していきたいと存じます。

 

 

ご葬儀コラム一覧に戻る

イベント情報