• 平安祭典静岡(駿河区・葵区)

    054-285-1411

  • 平安祭典清水(清水区)

    054-351-2200

お葬式コラム

2018.10.31(水)

  • 遺産相続

相続の期間延長の申し立て

平安祭典清水の森です

今回は、「相続手続きには、期限があります」をテーマに
事例をご紹介いたします

 

ある日、佐野様(仮名)が亡くなられたお兄様の相続の相談で来社されました。


独り住まいのお兄様とは、疎遠であったため、

警察からの連絡で亡くなったことを知ったそうです。

お兄様の財産としては、ご自宅の土地建物と数百万円の預金でした。

ただ、一つ気がかりなことが、借金のことでした。

過去にお兄様は他人の保証人になっていたことがあり、

今回相続すると借金を背負うことになってしまうのではないかと

不安な様子でした。

 

基本的に、借金が多くて相続放棄を行う場合は

3ヶ月以内に家庭裁判所に申し立てを行わなければなりません。

その3ヶ月以内にプラスの財産及びマイナスの財産(借金)を調査し

把握した上で、相続するのか、放棄するのかを決めなければなりません。

 

しかし、普段仕事をしている佐野様にとって、

限られた時間内でお兄様の財産を調査し把握することが

非常に困難な状況でした。

 

さらに、既に相続開始から約1ヶ月が過ぎようとしていました。


そこで、まず家庭裁判所に3ヶ月の期間を延ばしてもらうため

「相続の承認又は放棄の期間延長の申立」を行い、

その間に財産調査を行いどうするかを判断していく事を提案し、

一連の手続きをサポートすることになりました。

 

家庭裁判所での申立が受理され期間が延びたことにより、

焦らず正確な財産調査を行うことができました。

 

また幸いなことに、お兄様には特に借金(負債)もなく、

プラスの財産のみだったこともあって、

佐野様は迷うことなくお兄様の財産を相続することが出来ました

ご葬儀コラム一覧に戻る

イベント情報