• 平安祭典静岡(駿河区・葵区)

    050-5225-4102

  • 平安祭典清水(清水区)

    050-5225-4103

コラム

2019.05.22(水)

  • 供養

年忌法要は、どう準備する?

亡くなった人の祥月命日(しょうつきめいにち)

に営む追善供養の法要を年忌法要と言います。

祥月命日とは亡くなった月日のことです。

 

年忌法要は、あらかじめ準備をしておくと

スムーズにいきますので、おすすめします。

 

日時は3ヵ月前か、遅くとも1ヵ月前には決定

しておきたいものです。

日取りは命日より遅くならないようにします。

最近は、命日の前の土曜日や日曜日に

日を繰りあげて行うことが多くなってきました。

 

また、時間は食事の時間を考慮し、

午前11時頃から始めることが多いようです。

所要時間は法要が1時間以内、

お墓参りに1時間(会場からの移動時間も考慮)、

食事に1~2時間位が目安でしょう。

 

日時を決めたらすぐ会場を手配します。

菩提寺か自宅が一般的ですが、

お食事会場は別の場所を用意するケースが

多いようです。

また、故人様との関係を考慮してお招きする

人を決めます。

 

一周忌は、近親者や友人・知人、仕事関係や

葬儀の時にお世話になった人など。

三回忌になると近親者など、七回忌以降

内輪だけで営む場合が多いようです。

ただ四十九日や一周忌までも、最近は近親者で

済ませるという傾向は強くなっています。

 

日時と会場が決まったら1ヶ月前には案内状を

出します

出欠の返信用のはがきを同封します。

また、当日までに参会者への引出物を

用意します。

のし紙の表書きは「志」とし、贈り主(施主)を

書きます。

 

 

《当日のご準備》

お寺を会場とする場合には、

施主側で準備しなければならないものを、

あらかじめ菩提寺に確認しておき用意します。

位牌は施主が自宅から持参します。

自宅で営む場合は、仏壇を掃除し仏具もそろえ、

線香・ローソク・お花などを準備します。

仏壇の前には供物壇を設けます。

もちろんお墓も掃除しておきます。

 

 

ご葬儀コラム一覧に戻る

イベント情報